MAMACOTO英語教室

MAMACOTO英語教室

2020年の教育改革を前に、こども英語への関心が高くなってきています。
今までの日本の英語学習の課題のひとつに挙げられているのが・・・

英語のインプットの質と量

Fact1: 2000時間

2000時間」とは、英語が話せるようになるために必要な時間。
が、高校卒業の人が、英語を話すために費やした平均勉強時間は、157時間
大学卒業の人でもその時間は、193時間と言われています。

Fact2: 5000語

簡単な日常会話に必要な語彙数は約5000語と言われています。が、この語彙数は、ただ知っている単語数ではなく、使える英単語数のことなのです。


当英語教室では、これらの課題解決につなげられるよう、英語の絵本屋さんという運営母体の強みをいかし、自然の英語に触れらる英語絵本を活用した授業づくりをしています。

英語絵本には、使用頻度が高い単語やフレーズが多く使われています。ストーリー性があるものが多いでの、英単語やフレーズが、いつ、どんな時に使われるものかという場面設定とともに、英語をインプットできます。

実は文科省からも、英語教育での使用を推奨されている英語絵本。
MAMACOTOは英語絵本を活用し、 楽しく英語に触れられる場づくりに力をいれ、 様々な英語に出会えるきっかけを提供していきたいと思っています。

MAMACOTO英語教室

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
幼児
3:30-4:15
満員
小学生低学年
5:00-6:00
のこり1名
英語多読
5:00-6:00

満員
小学生低学年
4:30-5:30

満員
小学生低学年
4:30-5:30
のこり2名

講師紹介:coming up soon